ニコニコしてると思ったら…

今日は朝から家庭菜園の野菜たちへ水やり…ほっと一息ついていると、まさかの雨…これは恵みの雨なのか…果たして…ぼくです。先日お世話になっている方から、「最近また寒くなってきたから」と、野菜たちのためのシート?(ガーゼみたいなもの)をもらったので、つけてみました。どうなるか分からないですが、やれるだけのことを…ぼくです。

さて今日は、最近ひそかに楽しみにしていることについてです。

以前も記事に書きましたが、けん玉が好きで、子どもたちとけん玉をやりながら、たくさんのことを学べたらと思っています。しかし、

全員が全員、夢中になるなんてことはない

ということを常に忘れないようにしています。そのため、

「やりたい!」「やってみようかな?」

と思わせるための引き出し

「もっとうまくなりたい」「あの人みたいに…」

という引き出しのどちらももっておきたいと思います。そうすれば、あとは指導者の手を離れていくものだと思うのです。そこで今日は、ぼくと会って約2ヶ月で、けん玉に夢中になった子の話なのです…

その子は、ぼくが遊びにいくと、必ずニコニコして近寄ってきます。そこで一言…

 

「6級受けます!」

 

と意気込むのです。6級は一つの壁で10回のうち1回「とめけん」を成功させなければならないのですが、その子は、10日間ほど、ここで停滞しています。ぼくは、

けん玉は、けん玉道

なので、検定は1日1回しか受けられないルールにしました。より1回の検定に集中し、より潔く自分の力と向き合うことができるかなと考えたからです。

その子は一生懸命練習していますが、なかなかうまくいきません。

ぼくは、「受かってほしい」気持ちもあれば、その逆の気持ちもあります。というのは、その子を見ていると

「努力する」ことの楽しさを味わっている

ような気がするのです。まさにここが大切なのだと思います。今日も、その子が検定を受けるのが楽しみです。「とめけん」が入ったときには、一緒にけん玉で乾杯をしようと思っています。その時の笑顔はきっととても輝いてるだろうなぁ…。

2017年5月9日(火)けん玉を見せたらたんぽぽをもらいました…ほっこりです

Posted by megane