目に見えないところにこそ

最近、毎日充実した日々を過ごしているせいか、なかなか更新できなかったぼくです。最近は、町の行事やプライベートな用事があり、家にいることがあまりなく、すぐに寝てしまっていたぼくです。ありがたいことに、仲間に恵まれ日々楽しくやっています。

けん玉教育を広めたい

という思いをもって今年が2年目ですが、最近どうしてもマンネリ化してきていることに気がつきました。それは、自分にとってすごくショックなことで…

けん玉に活動の幅を見いだせなくなってきた

ような気がしたのです。もちろん技のレベルがあがったり、けん玉教育への思いは強くはなったりしているのですが、どこかで物寂しい感じがありました。しかし、最近ふと

気付いたこと

があったのです。それは、

実は、目に見えていないところで大きな影響を与えている場合がある

ということです。ここは、教育者としてどうしても見逃してしまうところだと思ったのです。どうしても教育の世界にいると、

目に見える成果だけを求めてしまう

ところがあります。恋でいうところの「いいところどり」です。つまり、

いいところだけ見て、嫌いなところは目を背ける

これは、どうなのでしょう…。なぜ、恋に例えたかはよくわかりません…ぼくです。

目に見えていないところすぐに成果がでないところにこそ、真の教育の意味があるのではないか

もちろん、目に見える成長を求められるし、求めたい気持ちもあります。ただ、そこにばかり目がいくと、どこかで勘違いしたり、教育をはき違えたりするのではないかと思ったのです。

もう一度、原点に立とう

そう思ったぼくなのでした。けん玉教育…どこまでできるか。「やりたい感」をもって…

2017年6月14日(水)ついに靴を買ってしまったのでした…

Posted by megane