これが宿題

ぼくがやっているけん玉クラブというのは

週に1回1時間半くらい

好きにやって好きに解散する

というものなのですが、大事にしているのは

逃げ場

なのです。無理矢理な時間は嫌だし、疲れたら休めばいい。そのくらいの感覚でゆるーくやれたらと思っています。ただ、その中でも本気でやることもあるし、そのバランスってとても大事かななんて思っているぼくです。

 

さて今日は宿題を考えてみようと思います。

宿題というのは、

 

 

学校の先生から出る課題

 

 

のことですよね。宿題は人から与えられるものですが、嬉しいものではないです。だから、嬉しくもない宿題ってどうなのかなーなんて思っています。

「宿題ください!」

っていうことがあればいいのになーと思うわけです。

けん玉をやっていると、

 

 

「ねーけんちゃん(ぼく)次は何をやればいい?」

「んー、なんでも良いんじゃない?」

「ねー、宿題欲しいなー」

なんて会話がよくあります。宿題を欲しがる子ども・・・

 

 

 

 

Why kendama people?????

 

 

という感じなのですが、まさにここにけん玉の魅力があって、

 

 

好きこそものの上手なれ

 

 

好きなものは徹底的に、それが宿題でもやりたいものなのです。

そう感じた昨日の定例会でした。

 

 

2019年3月9日(土)たまにはおしゃれな感じで

 

Posted by megane