そうだよね

子どもがいたずらをしている。

その一生懸命さに引きつけられて、

止めるのを忘れている人。

実際的には直ぐに止めなければ困る。

教育的には素により叱らなければ

ためにならぬ。

しかし、教育の前に

先ず子どもに引きつけられてこそ、

子どもへのつくというものである。

子どもにとってうれしい人とは

こういう先生をいうのであろう。

側から見ていてもうれしい光景である。

ひきつけられて/倉橋惣三

これを読んだとき、はっとしたな。

どうしても、大人が「口を出してしまう」世の中になっていないか?

どうしても、大人が失敗させないようにおせっかいしていないか?

どうしても、大人が「うまくでいるように」誘導していないか?

子どもの話なのに、すべての主語が「大人」になっていないか?

そんな社会は、まさに子どもの世界ではなく大人の世界。

もっとみんな子どもを主語にして話をしていきたいな。

そんな地域を作るためにはなにができるか

そう、

けん玉だ。

今日もお後がよろしいようで。

 

面白すぎる、この写真

Posted by megane